大学受験こそ家庭教師を活用するべき?大学受験対応の家庭教師を使うメリットなどの基本をご紹介!

このサイトでは大学受験に向けて家庭教師を頼むことのメリットについて解説しています。
学習塾への通塾時間がなくなることで、部活のための時間などを確保できる反面、自宅へ家族以外の人を定期的に招くことの家族の負担も少なくないです。
一方、志望校に在籍している大学生は、受験方式や会場などについての情報を持っており、受験生にとっての安心材料となることでしょう。
もちろん、学習指導レベルも志望校合格のために十分なものが受けられるはずです。

大学受験こそ家庭教師を活用するべき?大学受験対応の家庭教師を使うメリットなどの基本をご紹介!

家庭教師と学習塾との最大の違いは、「講師に自宅に来てもらうこと」。
この特徴はメリットが大きいようで、実はデメリットもあり、諸刃の刃と言えます。
「講師に自宅に来てもらう」ことのメリットはまず「通塾時間をなくせること」。
どんなターミナル駅にある学習塾であっても、通塾時間ゼロ秒の家庭教師には絶対に時間効率の面ではかないません。
他方で考えておくべきは、「家族の負担が増えること」。
自宅に他人が入るにはやっぱりそれなりに気を使います。
掃除したり、片付けたり、挨拶したり、もしかしたら講師に食事を出すこともあるかもしれません。
楽しい一コマにも思えますが、それなりの負担があることも認識しておくと良いでしょう。

大学受験で予備校よりも家庭教師にメリットがある理由

大学受験を目指している受験生が、予備校ではなく家庭教師を選ぶことにはいくつかのメリットがあります。
1番のメリットは、家庭教師の場合には大勢の生徒を一斉に教えるのではなく、一人一人のペースや学力に合わせて個別に指導することができる点です。
そのため、高校の授業についていけていなかったり、苦手科目や苦手分野があって勉強がなかなか進まない生徒であっても、しっかりとオーダーメイドのカリキュラムで対応してもらえます。
また、家庭教師の場合には、本人の性格や勉強方法などを把握した上で、適切にアドアイスをしてくれたり、モチベーションを維持してもらうことが可能です。
志望校が明確であれば、志望校に合格している講師を選んで家庭教師を依頼することもできます。
さらに、高校生になると講師との相性もとても重要になりますが、予備校と異なり、性別や年齢についての要望を出したり、体験授業をしてから講師を最終的に決めることができるので安心です。

大学受験対策に利用したい家庭教師の選び方

大学受験を一人で乗り切るのはとても難しいです。
難関校を選ぶのであれば、それなりにノウハウも必要になってきます。
色々な方法がありますし、個別指導の塾から始まり集団授業の塾、映像授業をメインとする予備校であったり、家庭教師もその一つです。
一人で勉強する通信教育も有りますが、管理をすることも必要となりますし、わからないことが出てきた時にすぐに聞くことが出来る存在というのも大きくなってくるでしょう。
そこでお勧めなのが家庭教師です。
自宅まで来てもらうことが出来ますので、とても快適です。
選び方のポイントを押さえていくことが求められますが、大学受験ともなれば難易度も高くなりますし、ノウハウが求められます。
実績のある家庭教師であったり、難関大学に通う大学生というのもお勧めです。
ベテラン講師の方が質の高い授業をのぞむことができますが、後は相性なども有ります。
そのため、体験授業を受けて決める方が良いでしょう。

プロ講師と学生アルバイトではどちらの家庭教師がおすすめ?

プロ家庭教師のメリットはしっかりと教育を受けた講師から指導を受けられる点です。
プロ家庭教師は採用試験を突破したり、研修プログラムを完了しているのでハイレベルな人材がそろっている傾向が強いです。
絶対に成績を伸ばしたい、合格率を少しでも上げたいと思うのであればプロの方がおすすめです。
デメリットは料金が高いところです。
優秀なプロ講師を雇うためにはそれなりのお金が必要になります。
学生アルバイトのメリットは気軽に依頼できる利便性と低料金です。
学生アルバイトの人数は非常に多いですし、時間的に余裕があるので予約も取りやすいです。
料金も比較的安いことが多く、あまりお金をかけられない場合は学生の方がおすすめです。
デメリットは講師の質に差があるところです。
優秀な講師もいれば、遊ぶお金を稼ぐためにアルバイトをやっている人もいます。
運良く優秀な講師を選ぶことができればラッキーですが、それは簡単なことではありません。

オンラインと対面で選べる家庭教師

家庭教師を利用したいと思っていても、自宅に来てもらうとなると子供との距離が近くなって不安になることはありませんか。
まだまだコロナ感染が気になっている人はたくさんいます。
マンツーマンの方が子供も集中して勉強できるとは言え、コロナの不安があるのならばオンラインでも良いのではありませんか。
ネット環境が整っているのであれば、利用してみると良いでしょう。
この方が子供も集中できることもあるかもしれません。
もちろん、自宅に家庭教師に来てもらうこともできます。
対面じゃないと集中できない子供もいますので、対面式にしたいと言うこともあるはずです。
対面式の方がより家庭教師との距離が近くなって良いこともあります。
オンラインにしてはみたものの、子供が集中できなかったので対面式に変えると言うこともあるかもしれません。
子供にとって最も勉強しやすいのはどちらかを考えてみてください。
感染状況によって切り替えると言うのも良いかもしれません。

著者:堀野喜太郎

筆者プロフィール

福井県越前市生まれ。受験対策のノウハウを始め、家庭教師や塾の選び方など、教育に関する記事を得意とするライターです。
早稲田アカデミーの家庭教師はこちら